2019.05.29

空想、連想、想像。①~TOUKI~ STEPS吉祥寺

みなさま、はじめまして!

4月より入社致しました、吉祥寺店の梅村です。よろしくお願いします!

 

実は私、中学生のころに自分のブログをやっていた事があります。(笑)

その時の事を懐かしみつつ、分かりやすく充実した内容を伝えなければ、と少し緊張しております。至らない点もあるかと思いますが、何卒宜しくお願い致します!

 

さてさて、私の休日の趣味は、美術品の展示を見に行くことです。最近行ってきたのは、「ルート・ブリュック展」。

ルート・ブリュックとは、フィンランドを代表する女性のセラミックアーティストで、その作品は市庁舎、銀行、大統領邸などに飾られ、多くの人々に親しまれました。

陶器と聞くと、器やタイル壁を想像しますが、彼女の作品はその枠を逸脱したものばかりでした。

東京駅直結のギャラリーでの展示、初めて行きましたが素晴らしかったです。
一部撮影可能とのことで私もみなさまに伝えるために激写してきました。

 

 

多数の作品の中から私のお気に入りをご紹介。こちらは「ヴェネチアの宮殿 回廊」という作品です。

寒色系にまとめられた古風な色味。陶板に施釉された部分をよく見ると、様々な模様や引っ掻き跡で質感や陰影を付けていることが分かります。

 

見ていると、キャンパスに描かれた作品よりも、ずっとずっと自由さを感じました。枠にも面にも囚われず、その時代、その瞬間の生活や感情を作品にのせる。

まさに、私が美術品が好きな理由です。

 

作品以外にも注目いただきたい点がもうひとつ!

 

   

 

1階から3階までのギャラリーをつなぐ階段です。重要文化財である東京駅の創業当初のレンガがむき出しになっています。

手を触れることはできませんでしたが、数十年の月をこえたレンガの風合いは美しく、つい長い間立ち止まって眺めてしまいました。

陶器と聞いて私が連想するのは、私が大好きな陶器ボタンのポケットTシャツ/ヘンリー。

 

 

 

都内で手作りされているボタンは一つ一つ表情が違い、陶器の風合いをファッションに落とし込める素敵なTシャツです。程よく固めなアメリカのコットンで、この夏をさらりと涼しく過ごせます。

毎年違うカラー展開で作っており、今年はホワイト、グレー、サックスブルーの3色を新たにご用意しております。

ぜひあなただけの相棒を見つけに来てくださいね。

 

今回はこの辺で。

それでは、またお会いしましょう!

STEPS吉祥寺

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-10 村田ビル1F

MAP

TEL:0422-28-7720

営業時間:11:00〜20:00