2020.10.19

松尾の素顔シリーズ⑧-美術館編- STEPS下北沢

こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

下北沢店松尾です。

 

夜寒を覚えるこの頃、いよいよ秋も深まってきた感じですね。

秋といえば食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、と結びつく言葉がたくさんありますね。

静かに秋の季節を満喫したいという自分の中でテーマを決め、選択したのは芸術の秋。

 

癒しを求めに山梨にあるアフリカンアートミュージアムに行ってきました。

 

 

ミュージアムは自然の眺めがいい八ヶ岳南麓にあり、今の季節にぴったり。

入り口には、何やら巨大な鳥の彫刻作品がお出迎え!

 

 

 

館内はアフリカのマスク、立像、アクセサリー、テキスタイル、道具などがあり、またアジアの工芸品が展示されています。

 

アフリカの歴史的な背景も知らないので、簡単な解説が書いてある資料を借りて鑑賞しました。

 

作品は可愛らしいのもあれば、ゾッとする不気味なのもあり、たちまち虜になってしまう不思議な魅力があります。

同じ国なのに民族によって作品が異なり、独自のスタイルを持って訴えかけるような力強い造形でした。

 

また動物の歯、鍵、鈴などいろんな物をミックスしたネックレスがあったり、織物には刺繍が施されていたり、手間隙かけて作られた物が殆どで、こういったクラフトマンシップがある作品に心打たれました。

 

 

 

途中で館長のギャラリートークが始まりました。

 

日本では、唯一ここしかアフリカを専門としたミュージアムは無いそうです。

アフリカンアートはピカソなど多くの芸術家に制作のイマジネーションを与えてたのこと。

 

見せてもらったピカソの資料にはアトリエの背景が載ってあり、アフリカの美術品が随所にコレンクションされていました。

ピカソの絵画の色使いや雰囲気は、言われてみればアフリカンアートを連想させますね。

 

ちなみに館長の友人のアフリカ人が履いている靴も、非対称に装飾されているとのこと。

自然豊かな環境で暮らしているアフリカ人にとっては、左右対称や整った形に対して違和感を感じるんでしょうね。

 

今後は、そういった視点で鑑賞するのも面白いなと思いました。

 

 

濃い展示内容と丁寧な解説で素敵なミュージアムで、また行ってみたいと思います。

 

 

今回はここまで。

皆様のお勧め美術館があったら是非教えてください。

それではまた。

STEPS下北沢

東京都世田谷区北沢2-17-11 パディアンビル1F

MAP

TEL:03-3422-0020

営業時間:11:30~20:30