2021.01.20

ソックスの跡 -15- SEEK&FIND

 

 

 

 

 

初日の出は山で迎えました。

 

SEEK&FINDの岩波です。

 

 

 

大晦日は早く寝て、元旦は5時に起きる。

 

「只今の気温 -5℃」という具合の道路沿いの温度計を見て、

 

ため息をつきながら山に向かうお正月。ルーティーンです。

 

 

行きの時点で後悔し、

 

山頂で日の出を待つ間には「寒い、なんで来たんだろう。。」なんて思ってしまうのですが、

 

いざ日の出を見るとあっけなく「ありがたいなぁ~」となり、

 

来年も来ようと宣言してしまうのです。

 

 

 

 

 

 

全然楽しそうじゃないのは寒さのせいです。本当です。

 

 

 

さて、新年一発目のソックスの跡。

 

そろそろ寒さにも飽きてきたので、

 

春が待ち遠しい気持ちをプレイリストにぶつけてみました。

 

そうです、恒例の音楽ブログです。

 

 

個人的に春は真っ只中よりも、

 

訪れを待っている時のほうが春らしかったりします。(?)

 

 

「春の訪れ待ち」という、人それぞれに違い、抽象的でとても曖昧なタイミングに聴きたい音楽たち。

 

そんな感じで作ってみました。

 

あまりにターゲットの狭いプレイリストになってしまいましたが、ご容赦ください。

 

(画像をクリックするとプレイリストのページに飛べます。)

 

 

 

 

 

  1. Take Me Where Your Heart Is / Q
  2.  
  3. Those Sweet Words / Norah Jones
  4.  
  5. If I Ain’t Got You / Alicia Keys
  6.  
  7. Kiss of life / Sade
  8.  
  9. Luv (sic) pt2 – Acoustica – / haruka nakamura
  10.  
  11. Every Time the Sun Comes Up / Sharon Van Etten
  12.  
  13. Seven / Men I Trust
  14.  
  15. Last Train Home / Pat Metheny Group
  16.  
  17. Lovely Day / Bill Withers
  18.  
  19. It Might As Well Be Spring / Blossom Dearie

 

 

 

中でもお気に入りの3曲がこちら。

 

プレイリストはどうしても聴くのに時間がかかってしまうので、

 

宜しければこちらだけでも。

 

 

 

Those Sweet Words / Norah Jones

 

 

 

 

ノラ・ジョーンズの優しくてちょっぴり切なげな雰囲気がこの季節にぴったり。

 

「春待ち」の中でも冬よりのタイミング、今ぐらいに聴くのが一番旬です。

 

仕事帰りなんかに聴いちゃうと、妙に染みます。

 

 

 

Last Train Home / Pat Metheny Group

 

 

 

 

疾走感のあるLast Train Homeは、なんだか暖かいところへ向かって走り続けるような、

 

開花へのエネルギー?を感じます。とにかくエネルギッシュなわけです。

 

ジョジョの3部にも使われていたので、聴き覚えがある方もいるかもしれません。

 

 

 

Lovely Day / Bill Withers

 

 

 

 

ジャケットがなんだかもう賑やか!いい笑顔!

 

こんなのはもう春を迎えるにあたって必要不可欠な一曲です。

 

よく、洗濯物をたたみながら聴きます。

 

自然と体が揺れてしまうので、たたみにくくてしょうがないのですが。。

 

 

今回は以上です。

 

Apple Musicのメンバーの方はぜひプレイリストを追加して聴いてみてください。

 

https://music.apple.com/jp/playlist/spring-is-coming-so-slowly/pl.u-oZylMBguP2qzB3

 

とても喜びます。

 

ではまた。

 

 

 

 

SEEK&FIND

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-2 リッツ1F

MAP

TEL:0422-27-5733

営業時間:11:00〜20:00